ライセンスを取得しよう ~ STEP1

このステップでは、講習会で銃と火薬、法令や安全についての基礎を学びます。1時間程度のテストも実施されます。

STEP1 「猟銃等講習会」… 講習会と学科試験

まずは「猟銃等講習会(初心者講習)」の受講準備から

①はじめに必要なのは「猟銃等講習会(初心者講習)」の受講申請です。住所地を管轄している警察署生活安全課(等)の銃砲担当者に、申請に必要な書類を事前に確認しておきましょう。申請時にはその場で簡単な面談があります。銃砲担当者が不在だと受け付けてもらえませんので、書類や手数料の準備ができて申請に行く前には必ず電話で確認を取ってください。面談で銃の所持目的を訊かれたら、はっきり「クレー射撃をしたいから」「標的射撃が目的です」と伝えましょう。所持目的が不明な申請や、コレクションのための申請は受理されません。

  • テキストで予習しておく

申請が受理されると「猟銃等取扱読本」というテキストが渡されますので、講習会の開催日までにしっかり目を通して予習しておきましょう。講習会では最後に〇×式の考査が行われます。

「考査」に合格しましょう

②初心者講習会は主に警察署で行われ、前半は講義、後半は考査の受験となります。講義は法律の重要ポイントや銃の安全な取り扱いについての解説、考査は〇×式で50問。45問以上の正解で合格となり、早ければ当日に「講習修了証明書」が交付されます。銃を所持するにふさわしい人物かどうかもチェックされていますから、受講のときの身なりや態度にも気をつけてください。

あわせてご覧ください